スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ルート工作再開
110806-09lang (2)
 8月6日~9日、極夜が明けてから初のルート工作を行なった。
 5月に延ばしていたラングホブデルートの続きだ。
 作戦としては、初日にラングホブデルートの残りを仕上げた足でゆきどり沢観測小屋に入り、2日目にさらに南のスカルブスネスルートを延ばせる所まで延ばし、3日目に昭和基地に戻るというもの。
 明るい時間が長くなったとはいえ、8月6日の日の出は9:34、日の入は15:10なので、時間とにらめっこしながらの行動となった。
 3日目に天気が崩れ、1日の停滞を余儀なくされたものの、それ以外の日は天候に恵まれ、予定通りの行動となった。
110806-09lang (3)
ラングホブデ付近は海氷上の積雪が少なく、裸氷が続く。

110806-09lang04.jpg
極夜期を経て、冷気をもろに受けた海氷は思いのほか堅い。

110806-09lang05.jpg
海氷厚を確かめ、標識旗を立てるための穴を開けるのも一苦労だ。

110806-09lang (6)
概ね500m毎に旗を立て、少しずつルートを延ばす。

110806-09lang (7)
みんなが作業に慣れてくると、次第にペースが上がって行く。

110806-09lang (8)
スカルブスネスルートの途中には、海氷同士が押し合って鋸歯状に氷が盛り上がったプレッシャーリッジがあった。
金属製の棒で安定度を確かめ、起伏の少ない所を選んで雪上車を渡す。

110806-09lang (9)
外が少しくらい寒くても、狭い雪上車の中で食べるよりもお弁当は美味しい。

110806-09lang (11)
ラングホブデの名所、ハムナ氷瀑も遠望できた。

110806-09lang.jpg
昭和基地に戻る途中、近くにあった氷山を見物。
その大きさに感嘆の声があがる。

明日から3泊4日でルート工作を行ない、スカルブスネスまでたどり着く予定だ。
途中悪天が予想されているが、無理せず慎重に行動したい。

これから11月まで、かなりの時間を野外で過ごすことになる。
あっという間に時が経ってしまいそうだ。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

Re:いよいよ本格的
小川さん

お久しぶりです。
コメントありがとうございます。
最後まで安全に注意して、楽しみながら仕事に励みます。
帰国後に一杯やれることを楽しみにしています。
K-HIGUCHI | URL | 2011/08/21/Sun 21:27 [EDIT]
いよいよ本格的
樋口さんの行動が、本格的に始まったようですね
越冬期間も、半年ちょっとですか、
残りも安全第一で頑張ってください、
帰還報告楽しみにしてます。
小川
オガワ | URL | 2011/08/18/Thu 04:48 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © ANTARCTIC WIND. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。