スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お知らせ
50次隊で一緒に越冬した武田康男さんが高校の先生を辞してフリーランサーになった。
気象、空、地学の専門家として彼自身楽しみながら世の中にインパクトを与えるような仕事をこれから展開して行くだろうし、一緒に酒を酌み交わした立場としてはそう願う。
武田さんが講演会を開くという連絡が入った。
http://www.papalagi.co.jp/npo/topnews/event-lecture/ytakeda.htm
武田節満載だろう講演会を聞きたいけど、行けない。
近くに居る人はぜひ足を運んでほしいと思い、ご紹介する。
彼に限ってハズレは無いはず。

お近くに人は時間を作ってぜひご参加を!
スポンサーサイト
さっぽろに南極がやってくる
今日は札幌のみなさんにお知らせです。
来週の水曜日、昭和基地と札幌をテレビ会議で結ぶことになりました。
札幌で開催される「第10回SCAR国際生物シンポジウム」のプログラムの一環で、市民向けの公開講座が企画され、その中で昭和基地とのテレビ会議を行ないます。(参加無料)

30分という短い時間ですが、当日は私もテレビ会議に参加します。
隊員への質問コーナーも設けられていますので、ぜひご参加いただき、元気よく手を上げて質問してみてください。

久しぶりにお話しできるかもしれません。

中学生・高校生も参加できますよ。
一緒に山に登っていた子ども達もぜひ来てください!

以下案内です。

*********************************************************

夏休み市民公開講座
さっぽろに南極がやってくる-南極の生き物からのメッセージ-

日時:2009年7月29日(水) 15:00-18:35
場所:北海道大学 学術交流会館
参加要項:定員300名、参加無料、申込制
申し込み先:(財)札幌国際プラザ コンベンションビューロー
電話:011-211-3675 メール:penguin@plaza-sapporo.or.jp

主催:第10回SCAR国際生物シンポジウム国内組織委員会
共催:国立極地研究所、(財)札幌国際プラザ

内容:
1.ビデオ上映
2.講演会
「南極の海とプランクトン-小さな生き物の神秘-」
グラハム・ホージー(オーストラリア南極局)
「気候変動が南極のペンギン・アザラシに与える影響」
ダニエル・コスタ(カルフォルニア大学サンタサンタクルーズ校)
「南極で考えたこと」
立松和平(作家)
3.昭和基地とのテレビ会議

*********************************************************
シェフがテレビに出ます!
IMGP2066.jpg

50次隊でいつも美味しい料理を提供してくれている調理隊員が、今度の日曜日にテレビに出る。
残念ながら昭和基地では見られないが、去年の夏から取材を続け、取材班はオーストラリアまでやって来たほど力が入っている番組だ。
昭和基地で撮った動画も番組の中で使われると思うので、ぜひお見逃しなく!
(少しは私も写るかも・・・)

番 組 名  情熱大陸
放 送 局  TBS
放送日時 平成21年6月7日(日)23:00

北海道新聞『南極見聞』
IMGP1449.jpg

 北海道新聞で南極の連載が始まった。
 タイトルは「南極見聞」。

 50次隊の北海道にゆかりのある隊員が分担執筆し、北海道新聞側でリライトしてドキュメントタッチの記事となる。
 今日(4月6日)の夕刊1面に第1回目の記事が載った。
 1回目は私の担当。

 おおよそ1ヶ月に2回のペースで随時掲載となる。
 北海道の方はぜひご覧いただきたい。
 道外の方は近々北海道新聞のホームページにアップされるので、そちらでご覧いただきたい。
ラジオに出演します!
IMGP3958.jpg

今朝は5時半に起きて通信室に行った。
6時ちょうどに電話が鳴り、名古屋のFM局とつながった。
当初は生出演でという話があったが、日本時間朝8時、昭和時間午前2時の出演はさすがに無理ということで、電話取材となった。
きかっけは私のブログ。
担当ディレクターがこのブログを見て興味を持ったとのことで、極地研の広報室を通して話が進んだ。

名古屋の局なので、中京圏以外の人には聞いてもらえないが、放送圏内にお住まいの方はぜひお聞きのがしなく!

番組名:名古屋 ZIP FM 「MORNING JACK」月~木6:00~10:00
ナビゲーター: 落合健太郎
放送日時:3月31日(火) 朝8時から10分程度
コーナー名:TOYOTA WORLD WIDERS

放送圏は、愛知県、岐阜県、三重県、静岡県の一部です。

日替わりで世界各国からの声を届けるコーナーということだ。
寝ぼけた私の声が聞けますよ。

あんまり嬉しくないか・・・
続きを表示する
Copyright © ANTARCTIC WIND. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。