スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明日からみずほ
IMGP1235.jpg

昭和基地の北側の海氷上には荷物を積み終えた橇が並んでいる。
内陸旅行のための燃料や必要な物資が積まれている。
数ヶ月前から計画を練り、メンバーを決め、内陸旅行の出発拠点であるS16に置かれてあった橇を回収し、傷んだ橇は建築担当隊員が中心となって修理を行ない、修理の済んだ橇に機械担当隊員が燃料ドラムを積み込み、準備を進めてきた。
完成した橇の大陸への回送、寒い中とっつき岬での雪上車の整備など、人員とスケジュールをやりくりして進めてきた結果、どうにか出発の体制が整った。

スカーレンのオペレーションが日程的に伸びたため、当初の予定よりも数日遅れることになったが、明日5人の支援隊のサポートを受け、8人でみずほ基地旅行にでかける。

日もすっかり長くなり、日中は随分と暖かく感じるようになったが、約250km内陸で標高も2000mを越えるみずほ基地はまだまだ極寒の地。
現在の平均気温は-30℃くらいで、10m/sの風が吹いているらしい。
大陸だけに海に落ちる心配ないが、氷河のクレバス、低温、強風など、危険は身近にある。

細心の注意をはらいつつ、真っ白な大地を仲間とともに満喫してこようと思っている。

順調に行けば、26日に戻る予定。天候の影響などで停滞したとしても、11月1日には昭和基地に戻ってくる。
スポンサーサイト
福島隊員慰霊祭
IMGP1217.jpg

1960年10月10日、第4次隊の越冬隊員だった福島紳隊員がブリザードの中行方不明となった。
遺体は1968年2月9日に西オングル島で発見された。
福島隊員が行方不明となった日には、毎年恒例で西オングル島に出かけて慰霊祭を行なうことになっている。
昨日は生憎と天気に恵まれず、急遽予定を変更して昭和基地内の福島ケルンでの慰霊祭となった。
ケルンの前に全員が集まり、黙祷し、一人一人が安全を祈願して手を合わせた。
南極での生活も残り4ヶ月。
最後まで無事に過ごすことを改めて心に誓った。
スカーレン
IMGP0565.jpg
<対岸の氷瀑を眺める。眼下には生まれたばかりの氷山が浮かんでいる。>

沿岸旅行のクライマックスは、スカーレン。
10月1日から7日間の予定ででかけてきた。
当初は、9月の下旬にスカーレンまでのルート工作を済ませ、5日間の日程で観測に出かける予定だったが、前回は悪天の予報でスカルブスネスに1泊しただけで帰ることになったため、日程を延ばしてルート工作と観測を一度に済ませることになった。
結果的には2日間停滞して、9日間かけてすべてのミッションを完結させ、無事に戻ってくることができた。
ラングホブデ、スカルブスネスと少しずつルートを延ばし、ようやくスカーレンに到達することができ、これでひとつ肩の荷が降りた。
続きを表示する
Copyright © ANTARCTIC WIND. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。