スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
風船と赤い月
IMGP2000.jpg
 昨夜、気水圏担当隊員から、エアロゾルゾンデを上げるので手伝ってほしいと声をかけられた。
 センサーを取りつけた風船を空に飛ばし、大気中の微量物質を測定するという。
 1年間に4~5回しか上げないというので、ぜひ手伝わせてほしいと申し出た。
 20:30に連絡が入り、外に出てみるとすでに風船が膨らみ始めている。
 ヘリウムガスを充填した風船は、浮力6.6kg。子犬くらいなら簡単に空へ連れ去られてしまうほどだ。
 センサーの調整が済み、カウントダウンの後風船はふわふわと空に舞い上がっていった。
 ほぼ無風快晴の恵まれた条件の下、夕日に染まりながら優雅に空に舞った。

 風船上げから戻り、しばらくして赤い月が出ているとの館内放送が流れた。
 これまた見逃してなるものかとカメラをかかえ、管理棟3階の通信室へ。月は水平線から顔を覗かせたばかりで、下のほうはややゆがんでいたが確かに赤い。
 望遠レンズに変え、シャッターを切る。
 昇るにつれて丸みを増し、クレーターの模様もはっきり見える。
 水平線近くには地球の影も見ることができ、最高の休日にふさわしい締めくくりとなった。
IMGP1984.jpg
手作り風のエアロゾルセンサー。2時間かけて高度3万5千メートルまで上がり、データを送り続けたという。

IMGP2007.jpg
夕陽に照り映えてふわりふわりとあがっていった。

IMGP1982.jpg
居住棟も夕陽に輝いていた。

IMGP2021.jpg
水平線から顔を出した赤い月。

IMGP2026.jpg
水平線のすぐ上には地球影(ちきゅうえい)が見えた。
(水平線付近の黒っぽく見える部分が地球の影)
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

No title
tamuraさんご質問ありがとうございます。50次に限り夏作業が2週間になったのは、「しらせ」がなくてオーストラリアの船をチャーターすることになったからだと思います。「しらせ」は昨春退役して、新「しらせ」は51次隊から運用が始まりますが、そのつなぎとしてオーストラリアの船を借りたわけです。恐らく予算的な問題が大きいと思います。夏期間、観測系の隊員は、前次隊との引継ぎと観測を行ないます。設営系の隊員はブログに書いた通り、土木建築作業が主な内容です。もちろん、観測系で手の空いている隊員は設営の仕事も手伝います。越冬期間中は、観測系は観測業務、設営系は昭和基地の維持管理が主な内容となりますが、沿岸部や内陸部にでかけて観測系隊員が調査や観測機器のメンテナンスを行なう場合はそのサポートを行なうことになります。仕事の内容は多岐にわたりますので、おいおいブログで紹介、報告をしていきます。昨夜の日没は21:34、今朝の日の出は3:39でした。太陽高度が低いので、日没前2時間くらいは日本の「夕方」のような日差しが差し込みます。日没後も薄暮の時間が長くて、なかなか真っ暗にはなりません。こちらに到着した1月15日は日が沈まなかったのに比べると、夜が長くなりつつあります。風がなくて日差しがあれば、日中は結構暖かです。詳細は書ききれませんので、ブログでぼちぼちと。
K-HIGUCHI | URL | 2009/02/11/Wed 08:23 [EDIT]
なんきょくはてな?
夏隊は帰国の途についたそうですが、2ヶ月のものが今回は2週間とのことでしたね。
期間が短くなったのは何故ですか?
夏隊と越冬隊の仕事は主にどんなことがあるのですか?

ライブカメラはいつも明るいのですが、太陽は一日、どんなふうに見えているのですか?e-44

tamura | URL | 2009/02/11/Wed 04:14 [EDIT]
No title
sueさんも色々と調べることが増えてたいへんですね。
地球影は条件さえ整えばカナダでも日本でも見られます。
オーロラは不思議ですね。

樋口和生
K-HIGUCHI | URL | 2009/02/10/Tue 14:22 [EDIT]
No title
赤い月・・・・・素敵だわ!
しかも、面白い形だな~。

そして、地球影?
何でこんなふうに見えるのかしら?
地球が丸いから?

調べてみます。

そして、オーロラは北半球と南半球とで、同時に出る?
知らなかったですi-184大興奮ですv-355
何故なんでしょう?
これは解明されているのかしら?
調べてみます。

そして、キッチンのシェフ・・・・・
大変な仕事なんですよね。わかります。
美味しい美味しいと!言ってあげてくださいね。笑。
sue  | URL | 2009/02/10/Tue 06:22 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © ANTARCTIC WIND. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。