スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
福島隊員慰霊祭
IMGP1217.jpg

1960年10月10日、第4次隊の越冬隊員だった福島紳隊員がブリザードの中行方不明となった。
遺体は1968年2月9日に西オングル島で発見された。
福島隊員が行方不明となった日には、毎年恒例で西オングル島に出かけて慰霊祭を行なうことになっている。
昨日は生憎と天気に恵まれず、急遽予定を変更して昭和基地内の福島ケルンでの慰霊祭となった。
ケルンの前に全員が集まり、黙祷し、一人一人が安全を祈願して手を合わせた。
南極での生活も残り4ヶ月。
最後まで無事に過ごすことを改めて心に誓った。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

葵39さん

事故はぜったい起こしてはいけませんが、起こった事故を風化させずに教訓として語り継いでいくことは我々の義務だと思います。
なかなか難しいことなんですが。
K-HIGUCHI | URL | 2009/11/29/Sun 09:24 [EDIT]
南極観測隊員の方の中に、仕事中に亡くなった方が、いらしゃた事初めて知りました、

1968年から続く慰霊祭、日本から、とてつもなくなく遠いけど、
みんなが、福島さんを思う気持ちが、

ずっと、続いているから、
福島さんサミシい思いしないですね(^^)
私は、そう思いました(^^)
葵39 | URL | 2009/10/17/Sat 11:30 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © ANTARCTIC WIND. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。