スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ルート工作前半戦終了
IMGP2691.jpg
今日は終日10m/s前後の風が吹く中、先日行なったラングホブデルート工作の続きに出掛けた。
大陸から吹き下ろしたカタバ風が海氷の上を渡り、さらさらと雪を運んで行く。
気温は-10℃前後でそれほど低くもないのだが、風が強く、体感温度がぐんと下がる。
昭和基地から約18kmの所まで延ばしておいたL35ポイントまでは、雪上車でゴトゴト行くと、約2時間半かかる。
昼間の時間が短くなっているだけに、帰りの時間を考えながらのルート工作となった。
IMGP2690.jpg
引き返し時間を13:30、氷厚が80cmを下回った時点でやめるという方針を立て、早めの昼食を済ませてルート工作再開。

IMGP8550.jpg
順調なペースでルートを延ばしていたが、旗6本分、約3km進んだところで氷厚が77cmとなり、今日はここまでとする。
気持ち的にはもう少し進みたかったが、ここで無理して旗を1~2本増やしたところで大勢に影響があるわけでもなく、それよりも少しゆとりを持って帰路に着いた方がよかろうと思い、潔くここでやめることにした。

IMGP8555.jpg
緊張の続く仕事を終えて気持ちが開放されたのだろう、同行の仲間も海氷の上で楽しそうだ。

IMGP2716.jpg
ルート工作初参加の隊員は、裸氷に寝転がってはしゃいでいる。

IMGP2728-2.jpg
弓道部出身の隊員は、ここぞとばかり持参の弓矢を取り出して、海氷に矢を放つ。
みんなそれぞれに南極を楽しんでいる。

IMGP2752.jpg
今日の日の出は9時42分。日の入は14時52分。
帰り道は日の入と追いかけっこだ。

IMGP2747.jpg
朝陽がいつの間にか夕陽に変わり、短い南極の冬の日が暮れる。

3月から始めたルート工作も、極夜前の前半戦は今日で終了。
事故なく無事に終えることができ、協力してくれた仲間への感謝の気持ちとともに、ほっと胸をなでおろしている。
今度は、極夜の明けた7月に再開だ。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © ANTARCTIC WIND. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。