スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
南極教室
 今朝は早起きして南極教室のリハーサルを行なった。
 南極教室というのは、国立極地研究所の広報活動の一環で、衛星回線を使って日本の小中高校と 昭和基地をテレビ会議システムで結び、双方向でやりとりを通して南極観測を広く子どもたちに知ってもらおうというものだ。
 50次隊では1年間で約30回予定されているが、その第一弾を来週行う。

 南極教室は、一般から募集する枠と隊員枠があり、来週行なうのは隊員枠。
 他の隊員の先陣を切って、私が応募した企画だ。

 つなぐ相手は、札幌市立大倉山小学校。
 6年生で卒業を控えた我が息子の通う学校。
 私の友人で息子同士が同級生の自称「気象予想士」さんが全面バックアップしてくれるし、校長先生、教頭先生、6年生の担任の先生たちも大張りきりで、ついついこちらも熱が入ってしう。
 先週は基地内でのリハーサルだったが、今日は極地研究所と接続テストを兼ねた本番さながらのリハーサルとなった。
 先週の反省を踏まえ、スタッフのみんなと知恵を出し合って、20倍くらいはバージョンアップすることができた。
 細部を修正すれば本番も大丈夫との手ごたえを得て、今日は一日気持ちよく過ごせた。
 大倉山小学校は、児童と保護者だけでなく、地域の人たちもぜひ来てくださいという方針なので、近くに住んでいる方は(近くでない方も)ぜひ足を運んで南極の空気に触れていただければと思う。

 以下、詳細。

 日時 2009年2月25日(水) 14:00~14:45
 場所 札幌市立大倉山小学校(札幌市中央区宮の森3条13丁目6-20)
 <上履き持参して下さい>

 画面を通してでっかい声で息子の名前を呼んで手を振ったら・・・

 嫌がるだろうなあ・・・
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

No title
気象予想士さん

当日よろしくお願いします。

やっぱりだめか・・・
K-HIGUCHI | URL | 2009/02/19/Thu 07:09 [EDIT]
札幌も準備は順調です
こちらもばっちり準備しています。
子ども達も楽しみにしているようです。
協力していただく隊員の皆さんにもよろしくお伝え下さい。
ご家族との通信時間は、児童の皆さんが退場してからのようなので、
大きな声で叫んでいただいてかまいません。
ただ、みんながいる前で叫ぶのはやめた方がよいのでは。
なにしろ体育館で500名位の人が見ていますから・・・。
気象予想士 | URL | 2009/02/19/Thu 03:41 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © ANTARCTIC WIND. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。