スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
消火訓練
IMGP1380.jpg
基地の生活で最も恐れている事故は火事だ。
乾燥の激しい南極で、万が一火が出た場合は、あっという間に火の手が回り建物を失ってしまう。
119番に電話しても消防車が駆けつけてくれるわけでもなく、ここに住む我々30人が自ら何とかしなければいけない。
そのため、毎月1度は消火訓練を行なっている。
使う道具は日本の消防隊員が使っているものと同じもので、生活用水をためてある大型の水槽からポンプで水をくみ上げ、延ばしたホースから放水する。
最初は慣れないことも多かったが、今日行なった4回目の訓練では、かなり様になって来た。
IMGP1376.jpg
午後突然火災報知機が鳴り響く。
「訓練、訓練。環境科学棟で火災発生。ただちに消火活動を開始してください」の放送と同時に訓練開始。
近くに居る隊員は消火器を持って現場に駆けつけて初期消火に当たり、他の隊員は予め割り当てられた担当ごとに準備に当たる。
ポンプ班、ホース班、救助班、医療班などなど、それぞれの役割が有機的に機能して初めて消火活動が可能となる。

IMGP1382.jpg
現場指揮から「初期消火失敗。放水始め。」の連絡を受け、放水が開始される。
一連の活動を終え、その日の訓練の反省会を開き、消火活動の改善に向けて意見が出される。

レスキュー訓練同様、本番では使いたくない技術だが、やはり備えあれば憂いなし。
万が一に備え、精進、精進。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

Re:写真
AKIさん

お久しぶりです。
気にっていただいて何よりです。

これからも楽しんでもらえるように続けて行きますね。
K-HIGUCHI | URL | 2011/06/01/Wed 20:00 [EDIT]
Re:こんばんは!
Ryuさん

残念ながら水は水のままです。
消火とは関係ありませんが、冷え込んだ日に熱いお湯を空中に撒くと、あっという間に凍って霧状になって飛んでいきます。
K-HIGUCHI | URL | 2011/06/01/Wed 19:58 [EDIT]
写真
樋口さん

 2度目の南極ブログは初心者にも内容が把握しやすく,
活動の様子がよ~く伝わってきて,一読者として楽しんでおります。

 写真の効果も大きいと思うのですが,
「ルート工作前半戦終了」と「消化訓練」の冒頭写真は
良い感じですねー。
AKI | URL | 2011/05/29/Sun 11:30 [EDIT]
こんばんは!
南極で消防訓練(放水)したら水が雪に変わるのではないのでしょうか?スキー場の人工雪作るみたいに…?
Ryu | URL | 2011/05/24/Tue 18:01 [EDIT]
Re:水は?
土井一さん

はじめまして。
訓練用の水というのは特にありません。
生活用水として造っている水を訓練時に使用します。
ですので、ふんだんに放水しての訓練は難しいです。
本当の火災の時はそんなことも言ってられませんが、それでも使える水には限りがあります。

まずは火を出さないことです。
K-HIGUCHI | URL | 2011/05/21/Sat 15:12 [EDIT]
水は?
大変ですね~・・ところで、南極には訓練用の水は充分あるのでしょうか?
土井一 | URL | 2011/05/20/Fri 02:52 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © ANTARCTIC WIND. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。