スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夜明け前
IMGP9640.jpg

あと3日もすれば極夜が明ける。
立て続けに襲ってきたブリザードは、記録的な大雪を昭和基地に残し、除雪に追われる日が続いた。
冬至(日本の夏至の時期)前後には、1年間で最大のお祭りであるミッドウィンター祭で盛り上がり、準備期間を含めて極夜で低迷しがちなバイオリズムも何とか落ち込まずに過ごすことができた。
仲間と作り上げる祭での共同作業を通じて、よりお互いを知ることができたように思う。
折り返し地点を過ぎた越冬生活の後半に向けて、よいステップになったように思う。
<南極教室>
IMGP9633.jpg
7月8日、中3の息子が通う札幌市立宮の森中学校と昭和基地を衛星通信を利用したテレビ会議システムでつなぎ、南極教室を行なった。
52次隊では全部で33回の南極教室を予定しているが、今回はその9回目。
子どもの通う学校や出身校、地元の学校など、隊員に縁のある学校が中心で、それ以外に極地研が承諾した色々な団体のイベントが入る。
予めもらった子どもたちの疑問に分かりやすく答えられるようにシナリオを考え、読み合わせを行ない、リハーサルをして本番に臨む。
話を持ち込んできた隊員がメインキャスターを務め、「南極教室係」を中心に準備を進めて本番に臨むのだが、プレゼン資料の作成など、結構な手間がかかる。
ただし、入念な準備を進めれば進めるほど本番の出来栄えは良くなるので、凝り性な性格の隊員が多いのか、回を重ねるごとに内容が充実してくる。

IMGP9627.jpg
スタジオは食堂の隅のスペース。
本番の進行の鍵を握るのは、ディレクターとあわせてスイッチャーだ。

IMGP9634.jpg
南極教室も隊員の協働作業。
毎回知恵を出し合い、いかに子どもたちが南極のことに興味を持ってもらえるか、楽しんでもらえるかを念頭に準備を進め、本番に臨む。
今回も10人以上の隊員が関わってくれて、結果的には大成功と言ってよいだろう。

宮の森中学校には去年の秋に呼ばれ、全校生徒を相手に50次隊の話をしてきた経緯があったのと、先生方が事前学習を進めてくれていたおかげで、子どもたちもすんなりと南極の話を聞いてくれたのではないかと思う。
妻や札幌側で手伝ってくれた友人の連絡では、子どもたちが真剣に話を聞き、目を輝かせながら楽しんでくれたとのこと。
そういう反応を聞くと、次もまた気合を入れて準備を進めようという気力がわいてくる。

それにしても驚くのは子どもたちの成長ぶりだ。
挨拶をしてくれた子どもや質問をしてくれた子どもたちがしっかりしていて、多感な時期の中学生を眩しく感じた。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

Re:太陽が昇るよ
てらの婆様

お久しぶりです。
残念ながら冬眠はしていませんでした。
結構忙しく極夜期を過ごしましたよ。

Here comes the sun ・・・ いいですね。
もちろんリアルタイムのビートルズ世代ではありませんが、ビートルズは誰もが通る道ですよね。
中学、高校時代によく聞きました。

それより、「てらの婆」さんより「てらのば」さんのほうがいいですよ!
K-HIGUCHI | URL | 2011/07/11/Mon 17:39 [EDIT]
Re:ASSH TV会議
進パパさん

ご連絡ありがとうございます。
回線状況、仕事の都合で参加はちょっと難しいかもしれません。
別途連絡します。
K-HIGUCHI | URL | 2011/07/11/Mon 17:33 [EDIT]
太陽が昇るよ
冬眠なされているのかと思いました。

ここで、ジョージ ハリスンの Here comes the sunを贈ります! (もし聴けるならですが・・)

宇宙飛行士の目覚ましにも使われた曲です。
南極にもぴったりです。

ところで、樋口さんはビートルズ世代で?
そんな巷のことは知らないと言われそうですが・・・。


てらの婆 | URL | 2011/07/11/Mon 16:39 [EDIT]
ASSH TV会議
ご無沙汰です。この前はいろいろとありがとうございました。おかげさまで嫁さんのボランティア団体は大沼キャンプに参加させていただくことになりました。
ところで7月20日夜7時からASSHのTV会議をスカイプで行います。
ぜひ参加してください。よろぴく!!!
進パパ | URL | 2011/07/10/Sun 15:37 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © ANTARCTIC WIND. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。