スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日のお仕事
IMGP6733.jpg
 昭和基地の中にはたくさん旗が立っている。
 そのほとんどは道路沿いにあって、道標というよりは除雪の目印のためのもの。
 重機で除雪をする際に、道を外れないためのものだ。
 越冬が始まって、昨シーズンから立っている旗のうち折れているものや竿だけしか残っていないものなどを撤去して整備をした。
 ところが先日のブリザードで、整備した旗が折れてしまった所があったので、今日改めて点検に回った。
 写真のように同じ方向に向かってお辞儀をしている旗をあちこちで見つけた。
 一定方向から強風が吹いたためだ。
 そういった旗を見つけるたびにトラックを停めて新しい旗と取り替えた。
 本格的に雪が積もり始める前にやっておかなければ、来シーズンの除雪の妨げになる。
 旗の整備の途中で、止めてある雪上車の群に近寄ってみた。
 今はまだ出番はないが、冬になると雪上車なしでは動けなくなる。 

IMGP6734.jpg
出番を待つ雪上車

IMGP6736.jpg
一緒に停まっていた「幌カブース」と呼ばれるシェルター

IMGP6737.jpg
中は食事ができるような構造になっている

IMGP6742.jpg
午後は、我らが水がめとしている100klの水槽を清掃した。

IMGP6746.jpg
中は結構暑い

 快適な基地の中で生活していると、外が厳しい環境であることを忘れてしまいをうになるが、こんな作業を通じて南極の厳しさを改めて心にきざむ必要があるのだろう。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © ANTARCTIC WIND. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。