スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんだこれ?
IMGP3474.jpg

待ちに待った晴天がやってきて、今月はじめから延期続きになっていた野外安全行動訓練の2回目を実施することができた。
東オングル島内を歩き、地形を把握することと危険箇所のチェックを行なうことが目的だが、外を歩いてリラックスできる効果も大きい。
歩いている途中で上の写真に写っているものを見つけた。

何に見えるだろうか?
最低1分は考えてから「続きを表示する」を押してみてほしい。
さてさて・・・
私も初めて見た。

IMGP3449.jpg
凍った池で見つけた。腹ばいになって写真を撮る仲間たち。

IMGP3455.jpg
実は、池の氷の中に気泡が閉じ込められでできた「泡の氷づけ(?)」とでもいうもの。
池の表面がまず凍り、その後下から泡があがってきて行き場を失い、表面の氷の下側に張りついた状態で周囲の水が凍ったのではないかというのが、皆で話し合いながら得た結論。
伸びたり蛇行したりしているのは、気泡が逃げ道を探して伸びたからではないかな。
大きく白いのは、大きな泡がゴボッと下から出てきたのか、小さな泡が集まって大きな気泡になったのかは分からないが、きれいな丸いやつは「大きな泡がゴボッ」説に一票を投じたい。
二重になっているやつは、上の泡が氷づけになった後に下からゴボッと来たのかな。

IMGP3470.jpg
ひと通り写真をとった後、金属の棒で氷をつついてみたら、白い部分は空洞になっていた。

IMGP3460.jpg
ピンボケしているわけではなく、石の回りから泡が立ち昇って氷づけになった様子。
沸騰しているように見えた。

この現象を説明できる専門家の人がいたら教えてほしい。

IMGP3429.jpg
そんなこんなで、半日楽しみながら歩けた。

明日も天気が良さそうだ。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

Re:しゅわしゅわ。。。
Terra Novaさん

東オングル島の表面はほとんどが岩で、表土といっても岩が風化した礫や砂がほんのうっすら乗っているくらいです。
ちゃんと掘って調べたわけでも過去の記録を読んだわけでもないのですが、夏期間の土木作業中に地面を掘った後を見ていても、表土があつくない気がしました。
凍っていたとしても、北極圏ほど深くはないように思います。
それから、メタンガスなどは、有機物がないとできませんから、永久凍土の中に含まれていることも考えにくいですね。
謎は深まるばかりです。
K-HIGUCHI | URL | 2009/03/24/Tue 19:36 [EDIT]
しゅわしゅわ。。。
「なんだこれ?」 の問題は泡の正体じゃなくて、氷中のへんなにょろにょろのできるさま、だったんでしょうね。

東オングル島には氷床がないんですね。
基盤が土(岩?)なら、凍土なんですか?
もし、そうでも、夏は-5度以上になるから、表面は永久凍土ではないのでしょうね。
永久凍土にはメタンやCO2がたくさん含まれていて、地球温暖化で永久凍土が解けることで、地球環境を悪化させるらしいのです。

南極大陸は、とても乾燥した土壌だとのことですね。
凍土になるには土の粒の間に水分がなければならないですから、
乾燥している南極の土壌は凍土になるんでしょうか。

東オングル島に、時期的に凍土があるとしてもメタンやCO2がそんなに普通にしゅわしゅわと出てくるのものかと。
土の粒の間には単に空気があるだけなのかなと。
池の水が急に凍って、行き場をうしなった空気がうねうねとなった・・・

結局、はじめから泡には何ら問題はないのかもしれませんね。






Terra Nova | URL | 2009/03/24/Tue 15:17 [EDIT]
Re:油?
Beringiaさん

Suggestionありがとうございます。
油説ですか。
胎内くぐりの横のたらちね池ですので、基地の諸活動からの影響は少ないように思います。
油が周囲にあるとは考えにくいですね。
氷をすかしてみると、底部はまだ凍っていないように見えました。

K-HIGUCHI | URL | 2009/03/24/Tue 07:45 [EDIT]
油?
油の混じった水が凍るとこんなことになりませんか?池が底まで凍った後、油だけ地面に抜けてしまうとか?氷の下には水がありそうですか?

この場所は、昭和基地の様々な活動からは無縁のところでしょうか?
まったく汚染物質と無縁だとすると、やっぱり地面から出てきた空気なんでしょうかね?

面白いですね。
Beringia | URL | 2009/03/24/Tue 05:03 [EDIT]
Re:あわわ。。。
Trra Novaさん

この池は雪解け水でできていますので、淡水です。
下は地面です。
氷床は大陸だけにあって、東オングル島にはありません。
岩のまわりに泡が立ち昇っているように見える写真からもわかるように、泡は地面から出てきているように思えます。
近いうちに再訪して調べてみようと思います。
K-HIGUCHI | URL | 2009/03/22/Sun 09:45 [EDIT]
あわわ。。。
「なんだこれ」の泡の正体は何でしょうか?
その池は海水?氷床がとけたもの?

南極の海には生物が豊富だというし、有機物が分解するとガスはでますよね。
泡はメタンガスなのか?

でも5枚目の写真を見ると、まんべんなく細かい泡が上がってきているし。
池の床になるもの(氷床?)にまんべんなく(!)ふくまれているものなんでしょうね。

氷河では、圧力と温度の関係から氷は水にならずに直接気体になるとのことですから、氷河より早く動いているという氷床は、氷河と同じような性質があると思われ、泡は氷床の氷から変化した水蒸気と考えたほうがいいのかと思いましたが。

不思議な泡について、牡丹餅を食べながら、頭の体操してみました。。。。おしえて、専門家さん!


Terra Nova | URL | 2009/03/22/Sun 09:13 [EDIT]
ああ、分かりました。
いつも半ズボンはいていたコニシキさんですね。
失礼しました。
お元気そうで何よりです。
KIMNYさんに11月待っているというのは、私の個人的な希望です。
彼がいると心強いですので。
K-HIGUCHI | URL | 2009/03/21/Sat 17:47 [EDIT]
ちがう、ちがう。 AAで死んでたヒトです(笑
教えてもらったブラックジャックで2位でしたが、ルール少し忘れました(爆
誰かわかんなかったら・・・、他のSYOWAブロガーにお訊ねを(笑
そういえば、KIM兄さんの51次決まったんでしょうか?
どす鯉!コニシキ | URL | 2009/03/21/Sat 13:05 [EDIT]
どす鯉!コニシキ様

ひょっとしてKIMNY?
違ったらごめんなさい。
だとしたら、11月待ってますよ!
みんな元気にやってます。
K-HIGUCHI | URL | 2009/03/21/Sat 11:59 [EDIT]
みなさん、元気そうでなによりです。
泡の氷づけ、面白い! こんな現象もみれるんですね。
これからは島外の野外活動も増えて、見どころ満載ですね!
楽しみにしてます。
どす鯉!コニシキ | URL | 2009/03/21/Sat 09:30 [EDIT]
Re:お散歩イイですね
にしむらさん

同じ場所を歩いても、時期が少しずれるだけで違ったものが見えてきます。
楽しいですよ。
K-HIGUCHI | URL | 2009/03/21/Sat 07:00 [EDIT]
お散歩イイですね
南極での自然観察お散歩、すばらしいですね。
にしむら@カラーズ | URL | 2009/03/21/Sat 00:59 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © ANTARCTIC WIND. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。