スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
福島ケルン
IMGP1550.jpg
 1960年10月10日、犬の世話をするために外に出た第4次隊の福島隊員は、吹雪の中方向を見失い、帰らぬ人となった。
 半世紀に及ぶ南極観測隊員の中で唯一の犠牲者である福島隊員の事故を後世に伝えるべく、最後に姿が確認できた場所にケルンが建っている。
 毎年越冬を始めるに当たり、隊員がケルンの前で慰霊を行い、観測期間中の無事を願うのが慣わしになっている。
 今年の夏作業のひとつとして、ケルンの案内看板の設置作業があったが、先日無事に完成し、除幕式を行なった。
 南極の史跡にもしていされているケルンのいわれが、日本語、英語、フランス語、スペイン語、ロシア語の5ヶ国語で表記されている立派なものだ。
 越冬を始めるに当たり、我々もケルンの前で慰霊を行い、1年間の無事を祈り、気持ちを新たにした。

IMGP1545.jpg
 門倉越冬隊長、石沢副隊長、オーストラリア南極局のホージー氏による除幕

IMGP1546.jpg
 風雪に耐えて建つケルン
IMGP6635.jpg
 先日上棟式を行なったCヘリポート待機小屋もここ数日の雪に覆われて寒そうだ。 50次夏隊と49次越冬隊、そしてオーストラリアのスタッフ達は、ヘリコプターが飛ばず待機の状態が続いている。 夏作業の前半は天候に恵まれて順調に進んでいただけに、ここに来ての悪天は気の毒だ。
 気温が上がって屋根に積もった雪が融け、昭和基地の建物の中はすがもりがひどい。今日は各建物の屋根に上がって、手作りのトンボでシャーベット状の雪を片っ端から落とした。
 ここにキツネでも歩いていたら、まるっきり北海道の風景だ。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

No title
遅いレスで大変失礼しました。
2月2日はちょうど見送りと引越しが重なって、慌しく過ごしたせいか、レスポンスをすっぽかしてしまいました。

TOMOさん

ご心配いただき、ありがとうございます。
慎重かつ大胆に南極を楽しもうと思っています。

tamuraさん

 夏日課の忙しさから、なかなかゆっくりと南極を感じることはできませんが、それもひとつの南極の姿なんでしょう。
 それでも、作業中に手を休め遠くを眺めると氷山があり、海氷の向こうには山の上から見た雲海と間違えそうな、ゆるやかな広がりを持つ大陸があり、そんな時には忙しさも忘れて頬がゆるみます。
 南極までの道中の様子は、おいおいアップしていきますね。

AKI様

今回は結構がんばってるでしょ?
AKIさんもブログ始めたら教えてください。
リンク張りますので。
おうえんありがとうございます。
K-HIGUCHI | URL | 2009/02/07/Sat 21:14 [EDIT]
フィフティフィフティ
 パソコンを久しぶりに開けたら,
樋口さんのブログが!!!
信じられない勢いで更新されていて,本当に本当に驚きました。

 南極ブログの途切れない更新と,
フィフティフィフティでのNo.1を期待していま~す♪

 私も離職予防のため,(→切実です…)
ブログを始めようかなと思っているところです。

 南極滞在中の健康と安全をお祈りいたします。

AKI | URL | 2009/02/01/Sun 10:36 [EDIT]
耕太郎より
そこに吹いている風を
流れている水を
降りそそいでいる光を
そして行き交う人を・・・感受していますか?


南極までの道中のようすも聞きたいですね。
tamura | URL | 2009/02/01/Sun 10:04 [EDIT]
No title
30歳という若さで、悲しい事故にあわれた福島隊員のご冥福を祈ります。
5ヶ国語での看板が設置されたんですね…。
昭和基地での暮らしは昔に比べて快適になったでしょうが
南極の自然の厳しさは今も昔も変わらないと思うので
50次隊の皆様が無事に越冬生活を送れるように
祈っています!頑張ってくださいね♪

フィフティフィフティで癒されてくださいね!
友人の旦那様も50次越冬隊のメンバーです。
よろしく♪
TOMO | URL | 2009/02/01/Sun 07:38 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © ANTARCTIC WIND. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。