スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冬支度
IMGP6842.jpg
今日の愛車

海氷上のルート工作が始まったものの、遮るもののない氷上では東オングル島内よりも行動が天候に左右される。
視界は利いているが風が強すぎるとか、曇っているがいつ悪化するか分からないような時は海氷上で遠出するのは二の足を踏む。
昨日も隣の西オングル島までルートを延ばすつもりにしていたが、地吹雪模様なので延期にした。

毎月月末には、オペレーション会議(オペ会)と全体会議というふたつの会議が開かれる。
全体会議は、越冬隊員全員が集まって、その月の活動報告や翌月の行動計画、隊の運営に関することが話し合われ、隊員間の合意形成を得る場。
オペ会は全体会議の数日前に開かれて、全体会議で話し合う事項を検討するいわば執行部的な役割を果たしていて、隊長以下7人で構成されている。
少なくともこの二日間は天候によらず午後の活動は制限を受ける。
会議の日に天気がよかったりするとがっかりするが、これも隊を円滑に運営していくためには必要なことだ。

今日はその全体会議があり、丸一日をフルに外作業に当てられなかった。
半日でできることというので、午前中に以前から気になりつつもタイミングが合わなかった標識旗のメンテナンスに出かけた。
何度かのブリザードで、あちこちに吹き溜まり(ドリフト)ができていて、四輪車は走れない。
機械隊員の手で整備が済んだ四輪車はほとんどが車庫に入れられて姿を消した。
冬に活躍するのは今日乗ったようなクローラーダンプや雪上車、スノーモービルなど、キャタピラ付きの車となる。
IMGP6839.jpg
いくつかのグループに分かれて、機械隊員によるスノーモービル講習もあった。

IMGP6843.jpg
夏作業期間中に建てたCヘリポートの待機小屋周辺もすっかり雪景色だ。


vege.jpg
外の雪が深くなるにつれて、野菜栽培室の緑を一段とまぶしく感じる。

スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © ANTARCTIC WIND. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。