スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラングホブデルート工作開始
IMGP5459.jpg

海氷の状態がよく、例年より早いペースでルートを延ばすことができたので、今のうちに他のルートも延ばしておこうということで、昭和基地の南約30kmにある、ラングホブデへのルート工作を始めた。
当初の予定では、極夜が明けた8月頃からルート工作を開始するはずだったので、かなりの前倒しとなる。
大嵐が来て、海氷が割れてしまう恐れを除けば、今のうちからルートを延ばせると後半の日程にかなり余裕が生まれる。

ブリザードの影響で、海氷上には小さな吹き溜まりがたくさん連なって凹凸がはげしく、スノーモービルで走りにくい。
上の写真で白くなっているところが雪、青く見えているところは水ではなくて裸氷だ。
IMGP5452.jpg
大陸も近くに望める。
氷点下10℃で風もあると、かなり寒い。

IMGP5457.jpg
新しいルートに来ると、新しい景色が広がる。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © ANTARCTIC WIND. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。