スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
越冬交代そして越冬成立
IMGP1643.jpg
 天候不順のため、昭和基地を離脱するヘリコプターが遅れに遅れていたが、去る2月2日ようやく青 空が広がり、8時過ぎから隊員を乗せたヘリが次々と離脱した。
1年間の越冬生活を終えた49次の越冬隊、短い期間ではあったが昭和基地で夏作業を行なった50 次の夏隊の人たちが昭和基地を去った。
 それに先立つ1月29日、越冬交代式が行なわれた。
 49次越冬隊と50次越冬隊の交代式で、この日をもって昭和基地の運営は正式に50次隊に引き継がれた。
 越冬交代の日、夏の仮住まいであった夏期宿舎から昭和基地の中枢部である管理棟と居住棟に引っ越して、快適な生活も始まった。
 公式行事の場合、派遣母体の国立極地研究所からマスコミへのプレスリリース前に隊員個人がブログなどで公表することは禁じられているため、リアルタイムでアップできなかったが、今日になってようやく解禁された。
 通信技術の発達によって、情報はあっという間に空間を飛び越える。
 個人的にはこれほど制限する必要があるのかとも思うが、組織の論理は個人の感覚とは違うものだ。
 オーストラリアのクルーも含め、大勢の人たちが去った後の昭和基地はどこか寂しい反面、ようやく28人の生活が始まると思うと期待も膨らむ。
 3日には、越冬成立式が執り行われた。
 みんなが去り、沖合いで待機していたオーストラリアの観測船・オーロラオーストラリス号が離れていったことを確認し、これから越冬体勢に入るという意味合いでの式典だ。
 式典といっても参列者がいるわけでもないが、越冬隊長が全員の名前を呼び、越冬成立を宣言すると、気持ちが引き締まり、1年間の無事と任務の完遂を祈らずにはいられなかった。
 これからがいよいよ本番だ。

IMGP1647.jpg
さようなら、また会おう!

IMGP1635.jpg
涙の別れ

IMGP1634.jpg
これまでサポートしてくれたオーストラリアのスタッフたち

IMGP1706.jpg
越冬隊長の宣言で越冬生活が始まった

IMGP1718.jpg
越冬成立式の後に行なわれた福島ケルン

IMGP6659.jpg
越冬成立式の日は節分。昭和基地にも鬼がやってきた。

IMGP6665.jpg
そして、28人の生活が始まった。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

No title
TOMOさん

今年の通信担当は一人でがんばっています。
隊の連絡の要となる重要な任務だけに気を抜けない様子ですが、負担が大きくなりすぎないように他の隊員がサポートに回っています。

フィフティフィフティの営業日は、火木土の週3日。それ以外の日は、自主営業もありますが、今のところ夏作業が続いているので、自主営業はされていません。

今日の賑わいはどうでしょうか。
K-HIGUCHI | URL | 2009/02/07/Sat 21:00 [EDIT]
お疲れ様です
お仕事、お疲れ様です。
フィフティフィフティで癒されてくださいね!

通信担当の方です。
よろしくお伝えください。
私もダンボールの中に入って、大好きな南極に行きたかったですよ…。
TOMO | URL | 2009/02/07/Sat 13:28 [EDIT]
No title
みなさん

昭和基地は東オングル島にあるので「島」が正しいです。
島流しの感はまったくありません。
目的のはっきりした仕事といい仲間に恵まれ、楽しく過ごしています。

高木さん

雪遊びコメンテーター、懐かしいですね。
雪遊び米探偵と言っていた子ども達もいましたが・・・
昭和基地は人口28人の「村」のようです。
イエティくらぶの子ども達によろしく伝えてください。

TOMOさん

いつもコメントありがとうございます。
今月中旬までは残りの夏作業を継続中ですので、まだちょっと落ち着かない感じです。
バー、フィフティフィフティは2度のプレオープンを経て、鬼がやってきた日に無事グランドオープンしました。
ところで、TOMOさんのお友だちのご主人は、何を担当している隊員ですか?
K-HIGUCHI | URL | 2009/02/06/Fri 12:40 [EDIT]
28人での生活
とうとう50次隊の越冬生活がスタートしましたね。
消火訓練や貯水槽への雪入れ、当番など仕事以外にも忙しい毎日でしょうが、昭和基地での生活が順調に行くことを願っています。

暁の女神にはいつ会えるのかしら?
素敵な写真が撮れるといいですね♪


TOMO | URL | 2009/02/06/Fri 11:41 [EDIT]
いよいよですね
ドラマですねえ・・・。 日本より暦を大切にした行事がありそうですね。こちらは、今晩からイエティくらぶです。 けっこう自由度高く、子ども達に雪の村づくりをしてもらおうと思ってますが・・、どうなることやら・・・。 

かつて、NHKで、雪遊びコメンティター と呼ばれた樋口さんをお迎えしたいですね。
黒松内 高木 | URL | 2009/02/06/Fri 05:42 [EDIT]
島流しになった気分なのかな~?
「島」じゃなくて「大陸」だったね。人々を乗せた船は去っていった・・・。でも、「鬼」はいるし、「酒」もある・・・。「28人の生活」・・・。いろんな「鬼」がいそうだね。
みな | URL | 2009/02/05/Thu 22:59 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © ANTARCTIC WIND. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。