スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
砂糖の山に群がる蟻?
IMGP6091.jpg

今朝の気温は-10℃。
一昨日は-29℃まで下がり、今冬一番の寒さを記録したが、-20℃前後の気温の中でしばらく過ごした身としては、-10℃だと暖かく感じてしまう。
人間の適応力というのは大したものだ。
越冬が終わる頃にはどんな体になっているのだろう。

越冬隊には、アイスオペレーションという仕事がある。
日本に持ち帰るために、氷山の氷をくだいて採取することなのだが、極地研の広報などで使う氷や隊員のお土産用の氷を今年はダンボールに300箱採る予定だ。
本番は10月頃に予定しているのだが、氷山の偵察とサンプルの氷を採取するために、下見に行ってきた。
昭和基地からとっつき岬ルートを進み、岩島を越えたあたりから西に折れて氷山群の入り口まで雪上車で移動。
一見なだらかに見える氷山でも周辺にはクラックがあったりするので気は抜けない。
何箇所か偵察をして、比較的安全な場所で氷を採った。

大陸に積もった雪が何万年もかかって分厚い氷となり、ゆっくりと流れて海に出たのが氷山だが、その氷の中には行きに含まれていた空気が気泡となって閉じ込められていて、水に入れると氷が融けて空気がはじける。
太古の空気を感じながら飲む水割りは最高だ。

IMGP6075.jpg
まずは同行した隊長の鍬入れ(つるはし入れ)でオペレーション開始。

IMGP6080.jpg
周辺には日に照らされた氷山が並んでいる。

IMGP6085.jpg
とにかく掘って掘って堀まくる。

IMGP6104.jpg
表面近くの氷は日差しで融けた後再凍結しているので、その部分は捨てて深いところの氷を選ぶ。

IMGP6128.jpg
汗をかいて顔をあげると氷山がきれいだ。

IMGP6134.jpg
今日の収穫はダンボール10箱分。

IMGP6139.jpg
帰路、海氷上からハイドロリックジャンプを眺める。

IMGP6141.jpg
大陸からまん丸い月が顔を出した。

IMGP6216.jpg
大型アンテナレドームと月。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

Re:プチプチ。。。
Azさん

チェーンソーで切り出すという方法もあるのですが、油が混じったりすると氷が(お酒が?)まずくなるので、基本は手掘りです。
昨夜のバーでは、採ってきた氷の品評会をやりました。
経験者の見立てでは、まだまだとのこと。
精進、精進。
K-HIGUCHI | URL | 2009/05/10/Sun 21:10 [EDIT]
プチプチ。。。
こうやって、人の手で掘り出されるのですね。
以前にしらせの方からもらったというこの南極の氷を、友人がパーティのときに持ってきてくれました。グラスに入れて飲み物を注ぐと、プチプチとあわがはじけて、お酒がいっそう美味しくなりました(笑)

もっと大型機械で、1立方メートルずつぐらい切り出すのかと思っていたら、
なんと人力でしたか。貴重なお土産ですよね。
Az | URL | 2009/05/10/Sun 17:19 [EDIT]
Re:南極の自然がそうさせた・・・
Terra Nova さん

スリムな体形と聞いたら本人は大喜びするかもしれません。
若手の調理隊員で、男性です。
帽子は、オーストラリアチームが全員にプレゼントしてくれたものです。

日の出と日の入りの場所の離れ具合は表現がちょっと難しいですね。
朝陽が昇る場所を正面に見て、左手約90度(9時の方向)くらいでしょうか。
今日の日の出は9時45分、日の入りは14時50分です。

K-HIGUCHI | URL | 2009/05/10/Sun 12:09 [EDIT]
Re:砂糖に例えた余裕の表題と…謎
札幌太郎さん

氷山の裏側は切り立っていましたが、雪上車を降りてからのアプローチはなだらかで、雪もついていましたのでアイゼンまではつけませんでした。
みんなが履いている靴は、通称D靴と呼ばれる南極仕様の防寒ブーツです。
暖かいことは暖かいのですが、歩きづらいのが難点です。
極夜期に外に出られなくなったら、装備なんかもぼちぼち紹介します。
K-HIGUCHI | URL | 2009/05/10/Sun 12:01 [EDIT]
日高のマダムさん

どこを掘っても氷なので、芋ほりの楽しさとはちょっと違います。
ご主人の会の来年の総会には氷を持って行きますので、楽しみにしていてください。
K-HIGUCHI | URL | 2009/05/10/Sun 11:57 [EDIT]
南極の自然がそうさせた・・・
4枚目の写真の方です。思い込みはいけませんね。ごめんなさい。
帽子が可愛く見えたのと、スリムな体型だからです。
赤い服の方とは、あきらかに違うでしょう?

今、カメラでは輝く太陽が上っていくところです。このあと太陽は低い弧を描いていくと思うのですが、朝日とはどのくらい離れた方向に沈むのですか?

また、ハイドロリックジャンプというのは、氷山が崩れて海水に落ちることかと思いましたが、調べてみると違うんですね。いろいろな現象が見られますね。
Terra Nova | URL | 2009/05/10/Sun 11:45 [EDIT]
砂糖に例えた余裕の表題と…謎
私も同様(だと思いますが)で4枚目の写真が「ひょっとして女性か?」と思ってしまいました。
謎…氷上なのにアイゼンが無い?
…と思ったのですがブーツに紐が付いているのを見るとアイゼンも、かなり特殊な形の南極仕様なのでしょうね、皆さん同じタイプのブーツを履かれているようで、つま先は「安全靴仕様(鉄板入り)」のように見えます。
同行された隊員のブログを見ますと○印のランチジャーもかなりの優れ物のようですね。
極地装備等、もしよろしければ紹介して頂けると嬉しく思います(そんなに暇ではない…と怒られるかも…)素人ですいませんです。
札幌太郎 | URL | 2009/05/09/Sat 21:13 [EDIT]
なんだか、イモ掘りみたいで楽しそうですね。
私もお土産がほしい・・・。なんて。

日高のサクラは今満開になりました。
・・・ところで、
夫の(ひぐちさんの)会は今年も助成金が当たりました。
日高のマダム | URL | 2009/05/09/Sat 16:58 [EDIT]
Re:22222
Terra Nova さん

めずらしい!ゾロメですね。
ページの保存方法は使っているソフトによって違うのかもしれません。
うーん、残念!

野外活動には女性も参加しますが、今回のアイスオペ下見には女性隊員は同行していません。
女性に見えたのはどの写真ですか?
K-HIGUCHI | URL | 2009/05/09/Sat 14:42 [EDIT]
22222
こちらの時間で今朝ブログを開いたところ、ちょうど22222をカウントしました。
珍しいので、ページを保存しようとしましたが、カウントは同期してしまいます。
保存したものを開いてもすでにカウントは進み・・・。

ところで、写真を見ると、野外活動には女性の隊員も同様に出るのですか?
Terra Nova | URL | 2009/05/09/Sat 10:22 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © ANTARCTIC WIND. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。