スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
50次サーカス団?
IMGP6693.jpg

隊員たちが突然宙に舞った。
ミッドウィンターフェスティバルの余興の練習かと思いきや、今日はレスキュー訓練の2ターム目の1回目。
前回習得したロープワークのおさらいと、新たに脱出訓練をした。
タイドクラックやクレバスに落ちた際に、ロープを利用して自己脱出を行なう方法。
あまりこういうシチュエーションは考えにくいが、方法論を知っておくだけでもいざという時に役に立つ。
管理棟の非常階段から下げたロープにぶら下がり、2階まであがる。
コツをつかんでしまえばさして難しくはないが、あんまりのんびり構えていると腹筋や腕の筋肉が痛くなってくる。
IMGP6704.jpg
これが終わらないと昼ごはんにありつけないとあって、みんながんばった

IMGP6685.jpg
固定ロープの張り方と通過の方法も練習した。

午後は先日のブリザードで埋まってしまったライフロープの張りなおしと、点検。
終わってから手作業で除雪とブリの後遺症はまだまだ癒えない。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

おっちーさん

そうですねえ。
どこに行っても同じようなことをしています。
これまでやってきたことの経験はここでも充分役立っていると思います。
レスキュー訓練で伝えている技は、できれば使いたくはないものですが、いざという時に備えておく必要はあります。

しばらく山から離れている間に、おっちーさんのほうが力をつけそうなので、帰ったらどこかへ連れて行ってください。

フィックスロープの支点は、訓練の時はスノーバーを使用しました。
南極の場合、雪上車で移動することが基本ですので、実際のレスキューとなると雪上車で支点を取ることが多いと思います。
フィックスロープを積極的に使って行動することは、現状では考えにくいですが、知っておくと何かの時に使えるかなと思って取り入れました。
雪が多いところではスノーバーが使えるでしょうが、裸氷帯ではスクリューハーケンのほうが有効だと思います。
K-HIGUCHI | URL | 2009/05/25/Mon 21:42 [EDIT]
南極で、ロープワークや地図読みの講習をしている報告を読むと、札幌でずっと樋口さんがしてきたことが、すごーく役に立っているんだなって感じます。
すべて、つながっているのですね。
私も山の技術で、樋口さんから学びたいことがまだまだたくさんあります。樋口さんは、私の山の基本で基準です。
ちなみに、雪上でのFIXは経験ありませんが、支点はスノーバーですか?

おっちー | URL | 2009/05/24/Sun 18:26 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © ANTARCTIC WIND. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。