スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海氷状況調査
IMGP7848.jpg

8月から本格的に始まる大陸上でのオペレーションの備え、海氷の状況を調べるため、昨日上陸点であるとっつき岬まで往復してきた。
立て続けにやって来たブリザードの影響で、海氷上は積雪の凹凸が激しくなったかと思っていたが、凹凸は減り、かえって走りやすくなっていた。
すべてのポイントごとに氷の状態を調べる時間はなかったので、5ポイントごとに積雪深と氷厚を測る。
4月と比べて、ルート前半は積雪が大幅に増えていたが、後半はあまり変わらず。
氷厚は確実に増えており、測ったすべてのポイントで2mを越えていた。
これならよほどのことがない限りは当面は大丈夫だろう。
IMGP7843.jpg
シャベルで穴を掘り、氷の上に積もった雪の深さを測った後、電動ドリルで氷に穴を開けて厚さを測る。

久しぶりに島の外に出て、みんなの表情も明るかった。

今日まで3日間衛星回線の工事のため、インターネットが不通となっていた。
基地外からのメールは一切来なかったので、メール対応の煩雑さから一時開放されて良かったものの、少しさびしい気もした。
ネット環境にどっぷり浸かっている我が身を実感した。

久しぶりにメールを開けてみると、大雪山で大量遭難の知らせ。
新聞各社のWebページを隅々まで目を通す。
何ともやるせない気持ちで一日を過ごした。
トムラウシ山も美瑛岳も何度も歩いた場所。天気図を眺め、報道の内容を読んでいると、現場での暴風雨の様子が手に取るようにイメージできる。
これまで一緒に歩いた沢山の人の顔を思い出した。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © ANTARCTIC WIND. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。