スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ペキンダック
IMGP8321.jpg

昨日は8月の誕生会。
例によって、8月生まれの隊員だけでなく、9月、10月生まれの隊員も先取りしてお祝いした。
南極の地で皆それぞれひとつずつ年を重ねる。
パーティーの準備はそれぞれ担当者を決めてその人たちを中心に実施するが、昨日の誕生会の担当者は計らいが粋で、お祝いされる隊員の家族と事前に連絡を取り、FAXで取り寄せた肉筆のお祝いメッセージを隊員ごとにお披露目した。
字の書けない幼い家族のメッセージはお母さんの代筆。妻、子ども、親、兄弟、従兄弟からの心のこもったメッセージは、本人だけでなく周りの私達の心も温かくしてくれた。
電報、テレックス、電話、FAX、E-mailと通信手段が発達し、どんどん便利になって日本との距離感は少なくなってきてはいるが、家族がお互いのことを思いやる気持ちはいつの時代も同じなんだろう。
南極で、それぞれの専門分野で忙しく働く日常の中で、家族とのやりとりがどれだけ心の支えになっているかということをシェフが作ってくれた料理をほお張りながら考えた。

この1週間は野外に出かけず、基地の中で過ごした。
空いている時間は除雪もしたが、来週以降立て続けに野外に出かけるため、その間に滞りがちになりそうなデスクワークを先取りして行なった。

10月には停滞予備日を含めて3週間の内陸旅行が待っているし、12月の中旬には51次の夏隊と一緒に2ヶ月間の内陸旅行が控えている。
10月に行くみずほ基地は沿岸から約250キロ。そこに8人ででかけて観測機のメンテナンスなどを行なう。
事前に内陸用の大型雪上車を昭和基地に回送して整備をしたり、雪上車で引いて行くそりの回送と整備、旅行用の燃料を内陸旅行の出発点であるS16に運ぶなど、事前準備にかなりの時間と人員を費やすことになる。
限られた時間と人員をやりくりし、回送と運搬の作戦を立てて、9月末までには準備を完了させなければならない。
車両の整備は機械隊員、そりの整備は建築隊員が行なうなど、要となるところは専門家が手をつけることになるが、それ以外の所は専門に関わらず様々な分野の隊員が関わることになる。

12月からでかけるドームふじ基地は、沿岸から約1000km。片道約3週間の大旅行となる。
3台の大型雪上車の往復に必要となる燃料は、予備も含めると200ℓのドラム缶で約160本。
他の観測資材や食料などと一緒にそりに積み込み、雪上車1台当たり7台のそりを引いて1日50kmのペースでゴトゴトと内陸を目指すことになる。
この時に使用する燃料ドラムを通過点であるみずほ基地に事前に置いておくと、12月の移動時の負担が軽減されることになるため、10月のみずほ旅行の時にはできるだけ多くの燃料を運びたいと考えている。

みずほとドームでどの雪上車を使い、そりが何台必要だからS16から何台おろして整備をするか、昭和基地にあるそりを何台整備するか、いつどのタイミングで雪上車やそりの回送を行なうと効率がいいかなど、事前に考えて調整すべき事項は沢山ある。

S16を行き来するオペレーションの合間に、ラングホブデやさらにその南の沿岸部のルート工作を行なうことになるため、これからはほぼ毎週泊りがけで外に出かけることになる。

日本ではガイドとして山を案内するだけでなく、講座、講習会、講演会など様々なイベントを行なってきたし、何度かの海外登山や学術調査のサポートを行なってきたが、フィールドや対象者が違ってもその方法論は南極にも相通じるものが多く、これまでの経験が大いに役立っていることは間違いない。
無理せず、安全に、野外での観測活動が目的を達成できるようにしっかりとサポートしよう。

ちなみにドームふじ基地は、今夏上映される映画「南極料理人」の舞台となる所で、日本のロケ現場には基地の建物を再現して撮影したとのことだ。

我が隊の南極料理人の昨日の料理はこんな感じ・・・

IMGP8318.jpg
昭和基地のすぐ近くで釣れた!
・・・なんて言えないのが残念。尾頭付きの大きな鯛。

IMGP8336.jpg
シュウマイはジューシーで何ともいい感じ。

IMGP8337.jpg
ピザも美味しかったなあ。

IMGP8338.jpg
昭和基地で燻製にしました!
・・・なんてやっぱり言えない。ケパーズは瓶詰めだけど、カイワレはオングル農協の特産だ。

IMGP8333.jpg
誕生日ケーキはどこかの斜塔のようだ。

IMGP8348.jpg
チーズフォンデュも食べて、満腹、満腹。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

Re:はじめまして
iizuka39さん

はじめまして。
内陸旅行用の大型雪上車は、大陸への上り口となるとっつき岬に何台かと、残りは出発拠点となるS16に置いてあります。
毎年使う前に整備を行なうのですが、今年は海氷の状況が安定しているので、昭和基地まで持ってきて行なう予定です。
これからS16に出かけて、雪上車とそりの回送を行なってきます。
順調に行けば14日には戻れるはずです。
K-HIGUCHI | URL | 2009/08/11/Tue 07:26 [EDIT]
はじめまして
こんにちは

内陸旅行と行っても準備が大変なんですね。
燃料だけでドラム160本・・・とは凄すぎです。
大型雪上車は昭和基地とは別の場所に有るのでしょうか?

iizuka39 | URL | 2009/08/11/Tue 03:52 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © ANTARCTIC WIND. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。